>> Case Study >> 個別

マーケティングCRMソリューション/マーケティングDB構築 と顧客分析

<実施内容>
外資系有名ブランド・メーカ企業では、顧客数が数万人/月のペースで増加し、そのほとんどが初回購入者で占められていた。また、顧客情報は顧客属性と購買データの紐付けができていかったため、顧客分類ができず、全ての顧客に対し一律のコミュニケーションを展開していた。その結果、販促費が増加し、効率的なリピート購入の促進につながらなかった。このため、顧客属性と購買データを紐付けたマーケティングDBを構築する仕組みを導入し、顧客の情報を精緻化して分析することにより、クロスセルやアップセルについての施策や、興味喚起のためのセグメントコミュニケーション施策を実施。
 
<効果>
顧客セグメントができる事で、セグメント・目的別に販促費の配分が可能になり、販促費の削減および効率的なリピート購入促進ができた。