>> Case Study >> 個別

次世代マーケティングCRM/顧客の購入商品に軸足を置く、「満足から愛着へ」(仮説)

<実施内容>
顧客は商品を介してブランド(企業)を評価する。顧客が商品に愛着を持つ。商品に愛着を持ってもらえれば、それはブランドへの愛着に繋がる。「満足から愛着へ」、顧客に愛着心を持ってもらうには、顧客が購入した其々の商品に対してブランドの商品に対する愛着心を見せる事が必要であると考えます。顧客志向から商品志向へ、、、
 
<効果>
顧客との関係がより強固になり、中長期的なブランド形成に繋がった。